ハロプロについていろいろ語りたいっ!!!盆暮れ正月バレンタイン!

あれこれ語りたいけど文字数足りない~♪ということで始めたハロヲタブログ。

モーニング娘。紅白落選と鞘師卒業。

スポンサードリンク

 

今日は娘。の紅白落選と鞘師の卒業について語ろうと思う。

まず、今年も残念ながら娘。の紅白出場叶いませんでしたね。。

ただ、正直、今年もカウコンするということでまあ無理かなと思ってました。

目立った活動もなかったしね。

Jメロとかあるけどさ。

私の親(元ASAYANファン)が言うには、「2013年か2014年のプチ再ブレイクの時に出られなかったらもう無理」だそうで、世間一般からすればそうらしい。

確かに、2013年~2014年の流れはよかったと思います。

2013年にさゆ引率な愉快な仲間たち状態で紅白出るのも有り得たし、2014年のさゆ卒業後に新制モーニング娘。ワンフォーとして「道重さん!OGの皆さん!世間の皆さん!今のモーニング娘。も頑張ってます!」みたいな感じで出るのも有り得たと思う。

まあ結果としてはダメだったのですが。。。

13年14年ダメだったら今年もダメだろうなって思いましたね。

いくらヲタフィルターあっても盲目に紅白いけるで!なんて信じることはできないかな。

そして、今年の紅白落選が決まったということで、鞘師が娘。史上初の「紅白出場叶わず卒業するメンバー」となってしまいました。

上から言わされたのかもしれんけど、鞘師が一番紅白にこだわってたから悲しいなって。

でも、ある意味鞘師らしいというか、娘。らしいというか、言葉では上手く説明できないんだけど。

世間の多くは「鞘師?誰?」って思うだろうけど、もう数年前とは違ってさすがに「モー娘。解散してなかったん?」って言う人はほとんど見かけなくなったし、アイドルに興味ない人でもカープファンではない人でも鞘師の存在知ってる人は知ってるし、それだけでも一時期に比べたら状況はかなり良くなってると思う。

「英語とダンスを学びに留学に行く」というのが本当の卒業理由であれば、鞘師にとってこの紅白出場できなかった悔しさとか、娘。生活の中で感じたこととかがバネになると思うし、そういう風に捉えられる子だと思うから。

ただ、もし、表向きの卒業理由であって実際に留学行くにしてもそこまで本気じゃなかったとしたら、精神病んじゃうだろうなと思う。

まあ、あくまでも仮定であって、実際に鞘師は本当に「英語とダンスを学びに留学に行く」というのが卒業理由だと思うけど。思いたいけど。

私はメンバー達の「昔からモーニング娘。が大好きで入りたいなと思ってー」とかいう加入動機は信じてなく「はいはい後付けね」って思ってるタイプなんで、鞘師の加入動機も信じてないんだけど。

ある意味、鞘師のこの卒業は、褒めたいというか見なおしたというか。

「英語とダンスを学びに留学に行く」というのは本人も言ってるけど、自分にとってのステップアップに繋がるわけで。

このまま娘。にいてもステップアップできないと。成長できないと。

ちょっと誤解を招くような厳しい言い方になるけど、「娘。は踏み台」だということだと思う。

「娘。は踏み台」発言した小春が数年前叩かれたけど、私は「娘。は踏み台」派なので、むしろ推奨したいくらい。(踏み台だと思ってても小春みたいに発言するのは違うと思うけど)

もちろん、10年選手で頑張ってくれたメンバー達も尊敬してます。

さゆなんか10年以上娘。のために頑張ってくれて、そして後輩にこれからを託して表舞台から清く去るのも美学だなと思う。

ただ、「娘。は踏み台」というスタンスなメンバーの方がポテンシャルは高いかなと思ったり。

鞘師は、加入当初から期待されていて、去年まではいわゆる「サヤシステム」発動してたくらいだけど、

そんな鞘師を見て、ちょっとかわいそうかなと思うときは何度かあった。

「サヤシステム」は結局会社のお偉いさんが決めるわけで、本人は決して悪くないのに、新曲出る度に叩かれて。

歌は普通なのに歌も上手い!!みたいなのを言われたりもして。

鞘師はスキルはあるもののまだセンターを担うようなメンタルがついてない気がしてた。

鞘師はコンサートとかで孤高の狼みたいな感じになってたけど、実際はうさぎちゃんだと思うんだよね。

初期の上から目線な発言とかは結構気になってたけど、それで周りから人が離れていったのかなと思うけど。

ただ、鞘師のせいじゃない。小さい頃からASHで歌とダンス習ってステージにも立ってたから、ステージに関してプライドというか自信は持ってたんだろうけど、周りの大人が鞘師を持ち上げるから余計にそれが当たり前になってしまったんだろうなって思う。

でも鞘師の自信は決して天狗とかそういうのじゃなくて、子どもの「見て見て!私これ得意なの!」みたいな感じだったと思う。工藤もそんな感じ。

私も子どもの頃はちょっと英語に自信あったからそんな感じだったよ。

本当は甘えん坊のおっちょこちょいな子どもだったのに、中学生の段階で先輩がほとんどいなくなって鞘師一強みたいになってしまったのが、負担大きかっただろうなって思う。

で、9期とか10期とかからしてみれば、同世代(むしろ年下)な鞘師が上から目線でいろいろ言ってきて、鞘師ばっかり推される状態は面白くなかったと思う。

だんだんそれから鞘師の笑顔が見れなくなってきたなーって思う。

ウーパールーパーみたいな屈託のない笑顔が好きなのに。可愛いのに。

よく言えば責任感持ちすぎたんだろうけど、悪く言えば顔がムスッときつくなってきてあんまり可愛くなくなってしまった。

鞘師は娘。生活の中で挫折もしただろうし悔しい思いとか悲しい思いとかもいろいろしたと思うけど、まだまだこれから人生辛いこととかあるから、それでどんどんマイペースに成長してほしいな。

鞘師は先輩が多い中で後輩としてワーワー言いながら少しずつ精神的にも成長できたほうがよかったのかなと思う。

高橋新垣道重田中光井9期の時代結構好きなんだけど、この時代がもうちょっと長く続けば違ったのかなー。

8期加入から9期加入までの時期が開きすぎなんだよ!

娘。の中での期推しは9期なんだけど、9期が誰か一人でも卒業するときは卒コン行くって決めてたのに、残念ながら行けません(´;ω;`)

ライブビューイングにも行けない(´;ω;`)

多分、来週私のメンタル的に鞘師のこと書けない気がしたから、今のうちに書いとくw

なんかね、今ブログ見返したら、結構厳しいこと書いてるなって思ったけど、このまま更新するよ。

好きだからこそ思うことだってあるし、あくまでもファン目線で冷静に考えただけで、アンチ寄りの発言にはならないように気をつけてますので。

次はヲタク絡みのこといろいろ書きたいなー。